丸尾山砥石の顕微鏡画像(6)

砥石表面で観察できる微化石(主にコノドント)を顕微鏡写真撮影したものです(標本は砥取家様に所蔵です)。歯状の構造を持つものがコノドント,黒い痕跡のようなものは生物の炭素分と考えられます。
大きさは数分の1ミリメートル程度です。



丸尾山砥石に見られる微化石の例


ps

ps

ps

ps

ps

ps

ps

ps



Copyright (C) 2010 MWS MicroWorldServices All rights reserved.
(無断複製・利用を禁じます)





.